080-8728-3351

必要な調理道具と教室のおすすめ

レシピによって使う調理道具は変わりますが、ここでは代表的な道具を紹介しています。

オンラインレッスンの体験時に必要な調理道具はこちらをご覧ください。

購入場所はネットの他に、大型スーパー、東急ハンズやロフト、デパート、無印良品、ニトリなどで買えます。
100円ショップのものは長持ちしないので、あまりおすすめできません。

おすすめのメーカーがある場合はリンクを貼ってあります。
とくに記載が無い場合は、どのメーカーのものでも大差ないと思います。

包丁

包丁は牛刀(包丁の名前です)が1本があれば、ほとんどの料理は作れます。

家庭用では刃わたり20cmくらいのステンレス製が一般です。

背丈のある男性が使う場合は、少し長めの物を選ぶといいでしょう。

<おすすめの包丁>

 

<お子様にはこちらがおすすめです>

 

マサヒロ子ども用包丁

こちらのまな板とスクレッパーがついているものもおすすめです。

貝印まな板リトルシェフクラブ

まな板

まな板はプラスチック製が扱いやすいです。
サイズはセンチ×センチくらいが使いやすいです。

まな板の下に濡れ布巾を敷くと安定します。

お魚やお肉用に薄いまな板があると便利です。

ボウル

大、中、小あると便利です。安いプラスチック製のものもありますが、ステンレス製の方が長持ちしますし、臭いもつきにくくおすすめです。

ザル

サイズは大サイズ20センチ位のもの、小サイズ15センチ位のものがおすすめです。
熱に強い金属製のザルで、脚がついているものがおすすめです。

目の細かい片手ザル(漉し器)は、粉類をふるう、ゆで野菜や麺類の湯切り、出汁を漉すなど色々と活用できます。

ステンレス製アルミ製ホーロ製があります。
教室では焦げが落としやすいステンレス製をおすすめしています。

サイズは大20cm位、中18cm位、小14cm位の3種類あると便利です。
それぞれ蓋が必要です。

IH(電磁調理器)キッチンの場合、IH対応鍋を選びましょう。

<おすすめの鍋>
こちらのはステンレスなのでガスにもIHにも使うことができます。
また適度な厚みがあるので、ホワイトソースなどを作っても焦げにくくなります。
どれも蓋付きです。

大サイズ
宮崎製作所 オブジェ 片手鍋 20cm OJ-6N
中サイズ
宮崎製作所 オブジェ 片手鍋 18cm OJ-4
小サイズ
宮崎製作所 オブジェ 片手鍋 14cm OJ-2

使い続けていると取っ手が古くなって、割れたり、溶けたりする場合があります。その場合メーカーさんに連絡すれば新しいものを無料で送ってくれます。

小サイズの鍋の上にのせられるこちらの小さな蒸し器もおすすめです。私はこれで冷たいご飯や小さく切ったお芋を蒸すのに使っています。

 

宮崎製作所 オブジェ 蒸し器 14cm OJ-2-1

フライパン

サイズは大25cm位、小20cm位の2種類があると便利です。

大サイズのフライパンには蓋があると良いです。

表面がフッ素加工(テフロン加工)されたものの方が食材がくっつきにいのでおすすめです。

IH(電磁調理器)キッチンの場合、IH対応を選びましょう。

鉄製は使うほどに油がしみ込み、長年使えてとても重宝なものですが、使いこなすまでが難しいので初心者の方にはおすすめしません。

また初心者の方の場合あまり重いものは使いにくいので注意して下さい。

卵焼き器

卵焼きを焼きたい場合は必要になります。四角い卵焼きではなくなりますが、フライパンでも代用できます。

IH(電磁調理器)キッチンの場合、IH対応を選びましょう。

揚げ鍋

1人~2人分だと15センチ前後の小さなサイズ、3人以上だと20センチ前後の大きなサイズがおすすめです。

ステンレス製やシリコン加工した鉄製のものが扱いやすいです。

鉄製のものは、小さなサイズが売られていて便利なのですが、サビやすいので、使った後は洗って火にかけて乾かす必要があります。

IH(電磁調理器)キッチンの場合、IH対応を選びましょう。

また油はね防止ネットもあると便利です。

おたま

しっかりしたステンレス製が良いです。

フライ返し(ターナー)

先が平らなもので、ナイロン樹脂やフッ素樹脂加工(テフロン加工)、シリコンのものがおすすめです。

ゴムベラ(スパチュラ)

木べらよりゴムベラの方が先がしなるのでおすすめです。熱に強いシリコン製のものを選びましょう。

<おすすめのゴムベラ>

タイガークラウンシリコンゴムベラ

泡立て器

25センチ位のものを一つ用意しましょう。

ピーラー

人参などはピーラーの方がむきやすく、早くむけます。
初心者の方は必ず用意しましょう。
ピーラーは消耗品ですので、切れにくくなったら交換しましょう。

<おすすめのピーラー>

貝印ピーラー

おろし器

おろし金とも言います。

プラスチック製のものと金属製のものがあります。
金属製の方が切れ味はよくなりますが、初心者の方はケガをしやすく、洗い方にも注意が必要なので、教室ではプラスチック製のものをおすすめしています。

はかり(スケール)

デジタルのものを選びましょう。

レシピ通りに計量した方が上手に作れますので、初心者の方こそ、はかりを使って計量しましょう。

またお菓子やパン作りの場合は0.1g単位ではかれるものがおすすめです

計量カップ、計量スプーン

計量カップを1つ、計量スプーンは大(15cc)、小(5cc)それぞれ2本ずつはあると便利です。

缶切り・栓抜き

缶切り不要な缶詰も多いので使う頻度は少ないですが、一応あったほうが良いでしょう。

菜箸

木製のものやシリコン製のものがあります。シリコン製の場合は熱に強いものが良いです。

2セットはあると便利です。

雑貨類

キッチンペーパー、ラップ、アルミホイル、布巾(食器用と台拭き用)は必須です。

包丁研ぎ器、オーブンペーパー、鍋敷き、麺棒、バット、巻きすなどは必要に応じて用意します。

またお掃除用にスポンジの他、たわしもあると焦げが落としやすくなります。

電化製品(熱機器)

炊飯器

一番安いものでも問題ありません。
ご飯をより美味しく食べたい場合はお値段の高いものの方が美味しく炊けます。

電子レンジ

一番安いものでも問題ありません。
オーブンが必要な場合はオーブン機能がついたものが良いでしょう。

トースター

魚焼きグリルで代用できますが、専用のものがあると便利です。

魚焼きグリル

コンロの下についているもので大丈夫です。
無い場合は魚焼きグリル単体でも売っています。(電気のものです)

ホットプレート

必ず必要ではありませんが、お好み焼きやパンケーキなど一度にたくさん焼きたい場合に便利です。
たこ焼きが焼けるものもあります。

オーブン

ローストチキンや焼豚、お菓子、パン作りをしたい場合は必要です。
電子レンジと一緒になったもの、コンロの下についている一体型のもの、単体のものがあります。

またガスのものと電気のものがあります。

電化製品(その他)

電動ミキサー

必須ではありませんが、卵などの泡立てに便利です。手動の泡立て器でも代用できますが、電動の方が楽に早く泡立ちます。おすすめはパナソニック製のものです。

フードプロセッサー、バーミックス、ミキサー

必ず必要ではありませんが、食材を細かくペースト状にする道具です。
主にスープやジュースを作るときに使います。
フードプロセッサーはみじん切りやパンを捏ねたりもできます。フードプロセッサーのおすすめはパナソニックのものです。